建設業者に関係する建設業法等の法令に関する情報を紹介

  1. 条文解説
  2. 41 view

建設業法第1条「目的」 解説

建設業法第1条【目的】

この法律は、建設業を営む者の資質の向上、建設工事の請負契約の適正化等を図ることによつて、建設工事の適正な施工を確保し、発注者を保護するとともに、建設業の健全な発達を促進し、
もつて公共の福祉の増進に寄与することを目的とする。

第1条は、建設業法の目的を明らかにしたものです。

目的は2つ。
(1)建設工事の適正な施工を確保し、発注者を保護

(2)建設業の健全な発達を促進

目的(1) 建設工事の適正な施工を確保し、発注者を保護 とは?

手抜き工事や粗雑工事などの不正工事を『防止』することと、建設工事の適正な施工を積極的に『実現』することを意味しています。
これにより、契約とおりの工事が行われ工事の完成が担保され、結果として『発注者の保護』につながります。

目的(2) 建設業の健全な発達を促進 とは?

建設業は日本の重要産業の1つです。
大げさではなく、建設業が日本の経済に大きな影響を与えているため、建設業が発達することは国の大きな利益につながります。

そして、目的達成の手段も2つあります。
手段(1) 建設業を営む者の資質の向上

手段(2)建設工事の請負契約の適正化

手段(1) 建設業を営む者の資質の向上
具体的な手段としては、建設業の許可制や技術検定制度があげられます。

手段(2) 建設工事の請負契約の適正化
具体的な手段としては、契約書の記載事項や一括下請負の禁止などを規定していることがあげられます。

このように、建設業法は建設業を営む者に対し監督を行うためのものだけではなく、建設業が健全に発達することを促進しようとするものであることが分かります。

令和2年6月25日「建設業法のツボとコツがゼッタイにわかる本」を出版しました。

行政書士法人名南経営では、建設業者向けの最新情報やセミナーのご案内をメールマガジンとして無料配信しています。配信をご希望の方はフォームにてお申込みください。
 

個人情報保護方針はこちら

条文解説の最近記事

  1. 建設業法第55条「罰則」 解説

  2. 建設業法第50条、第52条、第53条「罰則」Part3 解説

  3. 建設業法第47条「罰則」 解説

  4. 建設業法第45条、第46条「罰則」Part1 解説

  5. 建設業法第31条「報告及び検査」解説

関連記事