建設業者に関係する建設業法等の法令に関する情報を紹介

  1. 相談事例
  2. 866 view

【相談事例】主任技術者・監理技術者はリモートでその職務を行うことができるか

お客様から「現地の担当者とウエラブルカメラを通じて画像共有したり応答することにより、主任技術者・監理技術者の職務を行うことができるか」というご質問をいただきました。つまり、リモートで主任技術者・監理技術者の職務を行うことができるかというご質問です。これに関して検討してみたいと思います。

主任技術者・監理技術者の職務とは

まず主任技術者・監理技術者の職務について確認したいと思います。

主任技術者・監理技術者の職務は、工事現場における建設工事の施工の技術上の管理をつかさどることです。建設工事の施工に当たり、施工内容、工程、技術的事項、契約書及び設計図書の内容を把握したうえで、その施工計画を作成し、工事全体の工程の把握、工程変更への適切な対応等具体的な工事の工程管理、品質確保の体制整備、検査及び試験の実施等及び工事目的物、工事仮設物、工事用資材等の品質管理を行うとともに、建設工事の施工に従事する者の技術上の指導監督を行うことが求められています。また、特例監理技術者は、監理技術者としての職務を適正に実施できるよう、監理技術者補佐を適切に指導することが求められています。

国土交通省の「監理技術者制度運用マニュアル」には下表の記載があります。

表:主任技術者及び監理技術者の職務

(出典:国土交通省「監理技術者制度運用マニュアル」https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001580029.pdf)

上表を踏まえ、主任技術者・監理技術者は職務を誠実に行わなければなりません。

テレワークは認められるか?

同一の監理技術者等が管理できる範囲の見直しで兼任できる範囲が増えたことにより、監理技術者等が1つの現場に対応可能な時間が限られ、現場に不在の時間が増えることとなりました。そのような状況で適正な施工を確保するためには、ICTや連絡要員を活用した遠隔での施工管理と現場における確認・立会等を組み合わせることが必要です。

国土交通省の「監理技術者制度運用マニュアル」では、「上記の職務(主任技術者及び監理技術者の職務)は、業務内容及び業務環境に応じて、テレワークにより行う場合も含まれる。」と定められています。つまり、テレワークで主任技術者・監理技術者の職務を行うことも認められるということですね。

具体的にはどのように行うか?

テレワークで主任技術者・監理技術者の職務を行うには具体的にどのようにすればよいか、国土交通省の「適正な施工確保のための技術者制度検討会(第2期)」においてとりまとめられた「技術者制度の見直し方針」(令和4年5月31日)で示された「ICT、連絡要員を活用した適正な施工管理」が参考になりますのでご紹介します。


(出典:国土交通省適正な施工確保のための技術者制度検討会(第2期)「技術者制度の見直し方針」https://www.mlit.go.jp/tochi_fudousan_kensetsugyo/const/content/001483768.pdf)

施工計画の作成
    • パソコン・メール等を使用した計画書等の作成
    • メールやクラウドストレージ等を活用した要領書等の共有
    • パソコン・メール等を使用した計画書等の修正
工程管理
    • スマートフォンやウェアラブルカメラ等と連絡要員を活用した動画や静止画による進捗確認、CCUSによる現場施工体制の確認
    • オンラインシステムを活用した工程調整
    • WEB会議による工程会議等への参加
品質管理
    • スマートフォンやウェアラブルカメラ等と連絡要員を活用した動画や静止画での立会確認
技術的指導
    • 技術者配置のスマートフォン等での確認
    • WEB会議による打ち合わせ等による技術的指導
その他技術上の管理
    • パソコンとソフトを使用した計画の策定とメール等を活用した計画の共有
    • スマートフォンやウェアラブルカメラ等と連絡要員を活用した動画や静止画の確認

まとめ

主任技術者・監理技術者の職務はリモートで行うことも可能です。ただし、リモートのみでの確認や状況把握が難しい場合もあるため、状況に応じて現場で確認・立会を行うことも必要です。

相談事例の最近記事

  1. 発注代行業務・支払代行業務には建設業許可は必要か?

  2. 【相談事例】監督員や現場代理人と主任技術者・監理技術者は兼務できるか?

  3. 【相談事例】主任技術者・監理技術者はリモートでその職務を行うことができるか

  4. 「実務経験」と「指導監督的実務経験」の違い

  5. 【相談事例】電気工事業の模擬立入検査

関連記事

資料ダウンロード

     
    建設業を営むうえで、必ず守らなければならない建設業法。建設業法違反には、罰則や監督処分といった制裁があり、建設業の経営において多大な影響を与えるリスクがあります。
    そこで、本資料では、建設業法の遵守においてチェックしたいポイントを4つにまとめて解説しました。
    (※お申込み頂いたアドレス宛に、弊社メルマガをお送りいたします。)
     

    個人情報保護方針はこちら

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.