建設業者に関係する建設業法等の法令に関する情報を紹介

  1. 資格試験
  2. 3347 view

令和2年度1級土木施工管理技術検定「学科試験」合格発表

10月4日に実施された1級土木施工管理技術検定試験の学科試験について、11月4日に合格者が発表されました。受検者数29,745名のうち、合格者数17,885名で合格率は60.1%とのことです。

(出典:国土交通省「令和2年度1級土木施工管理技術検定「学科試験」合格者の発表」https://www.mlit.go.jp/report/press/tochi_fudousan_kensetsugyo13_hh_000001_00011.html)

学科試験の合格者については、12月6日に実施される実地試験を合格すると、1級土木施工管理技士の称号が付与され、現場の監理技術者や主任技術者として職務を行うことができるようになります。

合格者の発表については、一般財団法人全国建設研修センターのホームページよりご確認ください。
http://www.jctc.jp/kentei/201104d_hnio0a/index.html

技術検定制度の見直し

改正建設業法により技術検定制度が見直され、令和3年4月1日から、学科と実地を加味した第1次検定と第2次検定に再編されることになっています。第1次検定の合格者に「技士補」、第2次検定の合格者に「技士」の称号が付与されることとなります。

行政書士法人名南経営は、建設業許可手続きだけでなく、スポットでの相談対応、従業員・協力会社向けの建設業法令研修や、模擬立入検査、コンプライアンス体制構築コンサルティングまで対応しております。MicrosoftTeamsを利用したWEB面談も可能です。お気軽にご相談ください。

メルマガでブログ更新情報を入手しましょう

    建設業者向けの最新情報やセミナーのご案内をメールマガジンとして週に1回無料配信しています。またパンフレットやブログ記事を閲覧するためのパスワードもメルマガでご確認いただけます。配信をご希望の方はフォームにてお申込みください。
     

    個人情報保護方針はこちら

    建設業法のツボとコツがゼッタイにわかる本

    名南経営へのお問い合わせはこちらから

    資格試験の最近記事

    1. 令和2年度1級土木施工管理技術検定「実地試験」の合格者の発表

    2. 令和2年度2級建設機械施工技術検定「学科試験」合格者の発表

    3. 令和2年度管工事・電気通信工事・造園施工管理技術検定(1級・2級)合格者の発表

    4. 令和2年度2級土木施工管理技術検定の合格発表

    5. 令和2年度2級建築・電気工事施工管理技術検定「学科のみ試験(後期)」の合格者の発表

    関連記事

    メルマガ登録

      建設業者向けの最新情報やセミナーのご案内をメールマガジンとして週に1回無料配信しています。またパンフレットやブログ記事を閲覧するためのパスワードもメルマガでご確認いただけます。配信をご希望の方はフォームにてお申込みください。
       

      個人情報保護方針はこちら