建設業者に関係する建設業法等の法令に関する情報を紹介

  1. 35 view

「模擬立入検査サービス」が建通新聞に掲載されました(令和2年10月26日(月)建通新聞中部版)。

令和2年10月26日の建通新聞中部版に「模擬立入検査サービス」に関する記事が掲載されました。

行政書士法人名南経営(名古屋市中村区)は、10月1日から模擬立入検査サービスを開始した。建設業法第31条に基づく立入検査と同じ方法で実施する。
 検査は、同社社員2人が出向き、検査対象工事における建設業関連法令の順守状況をチェックし、違反や改善点などを見つけ出して解決策を提案する。料金は20万円(税別)。オプションとして、立入検査後の改善報告書作成サポート(立入検査の同席も可能)や役員向け研修、建設業法令順守マニュアル作成サポート、建設業法令順守体制整備コンサルティングなどを用意している。
 問い合わせ先は電話052(589)2362。

行政書士法人名南経営は、建設業許可手続きだけでなく、スポットでの相談対応、従業員・協力会社向けの建設業法令研修や、模擬立入検査、コンプライアンス体制構築コンサルティングまで対応しております。MicrosoftTeamsを利用したWEB面談も可能です。お気軽にご相談ください。

名南経営へのお問い合わせはこちらから

の最近記事

  1. 「建設業者の不正行為等に対する監督処分の基準」等の改正について

  2. 【監督処分の基準】不正行為等が複合する場合

  3. 建設工事紛争取扱状況(令和2年度)

  4. 【監督処分の基準】監督処分等の時期

  5. 【セミナーのご案内】令和3年4月1日施行 改正経営事項審査の要点解説

メルマガ登録

    建設業者向けの最新情報やセミナーのご案内をメールマガジンとして週に1回無料配信しています。またパンフレットやブログ記事を閲覧するためのパスワードもメルマガでご確認いただけます。配信をご希望の方はフォームにてお申込みください。
     

    個人情報保護方針はこちら