建設業者に関係する建設業法等の法令に関する情報を紹介

  1. 条文解説
  2. 46 view

建設業法第4条「附帯工事」 解説

建設業法第4条【附帯工事】

建設業者は、許可を受けた建設業に係る建設工事を請け負う場合においては、当該建設工事に附帯する他の建設業に係る建設工事を請け負うことができる。

許可が無くても請負うことができる工事

許可が無くても請負うことができる工事は、下記のいずれに該当する場合です。
①軽微な建設工事   ※第3条【建設業許可】Part1を参照
②附帯工事

ただし、注意が必要です。
②附帯工事は、「許可を受けた建設業に係る建設工事に附帯」する工事でなければなりません。

附帯工事とは

(1)主たる建設工事の施工をするために必要を生じた他の従たる建設工事
(2)主たる建設工事の施工により必要を生じた他の従たる建設工事であり、それ自体が独立の使用目的に供されるものではない建設工事

具体的には、屋根工事の施工のための足場組立工事(とび・土工・コンクリート工事)⇒足場組立工事が附帯工事に やリフォーム工事として行った電気工事の施工のための壁紙張替え工事(内装仕上工事)⇒壁紙張替え工事が附帯工事に などがあります。

附帯工事の性格から、原則として、主たる建設工事の工事価格を附帯工事の工事価格が上回ることはありません。(主従のバランスが崩れるため。)
また、建築一式工事など専門工事をいくつか組み合わせた一式工事が附帯工事に該当するということはありません。

令和2年6月25日「建設業法のツボとコツがゼッタイにわかる本」を出版しました。

行政書士法人名南経営では、建設業者向けの最新情報やセミナーのご案内をメールマガジンとして無料配信しています。配信をご希望の方はフォームにてお申込みください。
 

個人情報保護方針はこちら

条文解説の最近記事

  1. 建設業法第50条、第52条、第53条「罰則」Part3 解説

  2. 建設業法第47条「罰則」 解説

  3. 建設業法第45条、第46条「罰則」Part1 解説

  4. 建設業法第31条「報告及び検査」解説

  5. 建設業法第30条「不正事実の申告」解説

関連記事