建設業者に関係する建設業法等の法令に関する情報を紹介

  1. 条文解説
  2. 12945 view

建設業法第16条「下請契約の締結の制限」解説

条文の確認

(下請契約の締結の制限)
第十六条 特定建設業の許可を受けた者でなければ、その者が発注者から直接請け負つた建設工事を施工するための次の各号の一に該当する下請契約を締結してはならない。
一 その下請契約に係る下請代金の額が、一件で、第三条第一項第二号の政令で定める金額以上である下請契約
二 その下請契約を締結することにより、その下請契約及びすでに締結された当該建設工事を施工するための他のすべての下請契約に係る下請代金の額の総額が、第三条第一項第二号の政令で定める金額以上となる下請契約

制限があるのは発注者から直接請負いかつ下請契約をした場合

勘違いされている方もいますが、建設業許可がある建設業者であれば、建設工事の請負金額に制限はありません。一般建設業許可でも1億円の工事を請負うことが可能です。
一方で、下請契約を締結する場合には制限がかかる場合があります。下請契約締結に制限があるのが一般建設業許可で、下請契約締結に制限が無いのが特定建設業許可です。
具体的には、下記のいずれをも満たした場合、特定建設業許可が必要となります。

(1)発注者から直接請負った建設工事であること
(2)税込4,000万円(建築一式の場合は税込6,000万円)以上の下請契約を締結すること

(1)は注意が必要です。「発注者から直接」とあるので、元請負人となる場合だけ制限がかかります。(下請負人の立場では制限はありません。)
(2)の金額は税込であることに注意が必要です。また、下請契約が複数となる場合には、下請契約の金額すべてを足した総額で判断をします。

違反した場合には罰則

一般建設業許可のみの建設業者(特定建設業許可は無し)が、本条に違反し、元請として税込4,000万円の下請契約を締結した場合、建設業違反となり罰則の対象となります。
一般建設業許可しか持っていない元請業者に対しては「3年以下の懲役又は300万円以下の罰金」に処せられる可能性があります。また、特定建設業許可が無い元請業者と下請契約をした下請業者は、「7日以上の営業停止処分」を受けることがあるので注意が必要です。

行政書士法人名南経営は、建設業許可手続きだけでなく、スポットでの相談対応、従業員・協力会社向けの建設業法令研修や、模擬立入検査、コンプライアンス体制構築コンサルティングまで対応しております。MicrosoftTeamsを利用したWEB面談も可能です。お気軽にご相談ください。

    建設業者向けの最新情報を月に1回、セミナーのご案内を随時メールマガジンにて無料配信しています。またパンフレットやブログ記事を閲覧するためのパスワードもメルマガでご確認いただけます。配信をご希望の方はフォームにてお申込みください。
     

    個人情報保護方針はこちら

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    条文解説の最近記事

    1. 建設業法第50条、第52条、第53条「罰則」解説

    2. 建設業法第47条「罰則」解説

    3. 建設業法第31条「報告及び検査」解説

    4. 建設業法第29条の5「監督処分の公告等」解説

    5. 建設業法第29条の4「営業の禁止」解説

    関連記事

    資料ダウンロード

       
      建設業を営むうえで、必ず守らなければならない建設業法。建設業法違反には、罰則や監督処分といった制裁があり、建設業の経営において多大な影響を与えるリスクがあります。
      そこで、本資料では、建設業法の遵守においてチェックしたいポイントを4つにまとめて解説しました。
      (※お申込み頂いたアドレス宛に、弊社メルマガをお送りいたします。)
       

      個人情報保護方針はこちら

      This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.