建設業者に関係する建設業法等の法令に関する情報を紹介

  1. 資格試験
  2. 2762 view

令和2年度2級土木施工管理技術検定の合格発表

2020年10月25日に実施された2級土木施工管理技術検定試験の令和2年度の「学科・実地試験」及び「実地試験」の合格者が決定し、令和3年2月3日に発表されました。

合格者に占める女性比率が増加傾向にあるようで、平成30年度に初めて女性比率が10%を超えてから、3年連続で10%超えを記録しているとのことです。人手不足である建設業で活躍される女性が増えることは良い傾向ですね。実地試験合格者は、土木施工管理技士として、工事現場の主任技術者等として職務を行うことができるようになります。

受検者数及び合格者数


※1 学科のみ試験の受検者数及び合格者数を含む。
※2 実地試験の受検者数は、学科試験及び実地試験同日受検者のうち学科試験合格者と学科試験免除受検者(前年度学科試験合格者等)の実際の受検者の合計で記載。括弧内に学科試験受検者(学科のみ受検者を除く)と学科試験免除受検者(前年度学科試験合格者等)の合計で記載。合格率も同様の数値を元に算出。

合格基準

学科試験 :40問中24問以上正解(種別「土木」「鋼構造物塗装」「薬液注入」いずれも同様)
実地試験 :土木、鋼構造物塗装、薬液注入ともに得点が60%以上を合格基準とする。

試験問題、その他の内容については、一般財団法人全国建設研修センターのホームページ(https://www.jctc.jp/exam)に掲載されています。

なお、建設業法等の一部を改正する法律(令和元年6月公布)により、技術検定制度が見直されたことから、令和3年度の試験からは新制度となります。

行政書士法人名南経営は、建設業許可手続きだけでなく、スポットでの相談対応、従業員・協力会社向けの建設業法令研修や、模擬立入検査、コンプライアンス体制構築コンサルティングまで対応しております。MicrosoftTeamsを利用したWEB面談も可能です。お気軽にご相談ください。

    建設業者向けの最新情報を月に1回、セミナーのご案内を随時メールマガジンにて無料配信しています。またパンフレットやブログ記事を閲覧するためのパスワードもメルマガでご確認いただけます。配信をご希望の方はフォームにてお申込みください。
     

    個人情報保護方針はこちら

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    資格試験の最近記事

    1. 令和4年度(下期)建設業経理検定試験の合格発表

    2. 令和4年度建設機械施工管理2級第一次検定(第2回)合格発表

    3. 令和4年度2級土木施工管理技術検定「第一次検定(後期)」及び「第二次検定」合格者の発表

    4. 令和4年度1・2級建築・電気工事施工管理技術検定合格発表

    5. 令和5年度技術検定のスケジュールが公表されました!

    関連記事

    資料ダウンロード

       
      建設業を営むうえで、必ず守らなければならない建設業法。建設業法違反には、罰則や監督処分といった制裁があり、建設業の経営において多大な影響を与えるリスクがあります。
      そこで、本資料では、建設業法の遵守においてチェックしたいポイントを4つにまとめて解説しました。
      (※お申込み頂いたアドレス宛に、弊社メルマガをお送りいたします。)
       

      個人情報保護方針はこちら

      This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.