建設業者に関係する建設業法等の法令に関する情報を紹介

  1. 用語解説
  2. 49 view

契約の内容に変更が生じた場合に変更契約は必要なのか?建設業法をもとに解説

変更契約が必要になる工事とは

当初契約を締結したときには想定していなかった工事の変更が、着工後に生ずることがあります。ケースとしては、追加工事が発生するケースと工期の延長等の当初契約の内容に変更が生ずるケースです。
当初契約に工事が追加された場合には、追加工事分の変更契約の締結が必要となります。また、天災等により工期を延長しなければいけない場合や長期にわたる工事で材料の価格高騰が生じ請負金額の見直しをすべき場合等、当初契約の内容に変更を生ずる場合にも変更契約を締結する必要があります。

変更契約において守るべきルールとは

建設業法では契約に関するルールとして、
①着工前の契約締結
②契約は書面で行い、署名又は記名押印
を定めています。

このルールは当初契約においてだけではなく、当然、変更契約においても遵守する必要があります。なぜなら、当初契約は建設業法のルールを遵守して行われていたにも関わらず、変更契約が口約束で行われてしまうと、変更契約の明確性や正確性が損なわれる可能性があるためです。
例外的に、災害時等のやむを得ない場合のみ、着工後の契約が認められていますが、これも通常の契約ルールと同じです。
建設業法上のルールは、変更契約であっても通常の契約と何ら変わらないことを覚えておきましょう。

まとめ

変更契約において建設業法のルールを遵守していない場合は、建設業法違反として処分の対象になりますのでご注意ください。

    建設業者向けの最新情報を月に1回、セミナーのご案内を随時メールマガジンにて無料配信しています。またパンフレットやブログ記事を閲覧するためのパスワードもメルマガでご確認いただけます。配信をご希望の方はフォームにてお申込みください。
     

    個人情報保護方針はこちら

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    用語解説の最近記事

    1. 契約の内容に変更が生じた場合に変更契約は必要なのか?建設業法をもとに解説

    2. 建設業法における下請代金の支払期日とは?

    3. 建設業許可が必要な請負金額とは?建設業法を基に解説

    4. 工事請負契約時に注文請書は必要なのか?建設業法をもとに解説

    5. 建設業法に違反した場合の制裁とは?違反事例と共に解説!

    関連記事

    資料ダウンロード

       
      建設業を営むうえで、必ず守らなければならない建設業法。建設業法違反には、罰則や監督処分といった制裁があり、建設業の経営において多大な影響を与えるリスクがあります。
      そこで、本資料では、建設業法の遵守においてチェックしたいポイントを4つにまとめて解説しました。
      (※お申込み頂いたアドレス宛に、弊社メルマガをお送りいたします。)
       

      個人情報保護方針はこちら

      This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.